3-1 料金文章の書き方

PPPark!が料金計算を行うために、
料金文章は決められた書式で記述しなければなりません。

書式はシンプルですが、そのため複雑な料金体系は表現できない場合もあります。
そのような料金は「補足文」に自由な文章で記述します。
「補足文」は料金文章と並べて表示されますが、料金計算には反映されません。

料金文章の構造

料金文章は1行以上で構成される駐車料金を表す文章です。

ひとつの行は、"曜日""時間帯""課金条件""価格" の4要素で構成され、
複数行を組み合わせて一つの料金文章とします。

<料金文章のさまざまな例>
全日 00:00-00:00 60分 100円
全日 00:00-00:00 15分 250円(最初の120分 無料)
月-金 08:00-22:00 30分 100円
月-金 22:00-08:00 60分 100円
土日祝 00:00-24:00 60分 100円
全日 00:00-00:00 60分 200円
月-金 00:00-00:00 最大 1400円(1回のみ)
月-土 00:00-00:00 20分 100円
日祝 00:00-00:00 60分 100円
全日 00:00-00:00 入庫後6時間最大 800円 入庫後12時間最大 1400円
全日 00:00-00:00 1000円
※ 固定額通常料金では "課金条件"を記述しない


まずは、各要素の書式について詳しく解説していきます。

曜日の書式

料金文章には、まず曜日を先頭に記述します。

曜日は以下のルールを使って表現します。
ルール1: 各曜日と祝日は、「月、火、水、木、金、土、日、祝」の一文字で表現します。
ルール2: すべての曜日と祝日が対象の場合は「全日」と記述できます
ルール3: 連続した曜日(※祝日を除く)はハイフン「 - 」で省略できます。
ルール4: 祝日を記述する位置は、曜日の末尾です
全ての曜日 月~金曜日と祝日 土・日・祝日 水曜日と祝日 水曜日のみ
全日 月-金祝
もしくは、
月火水木金祝
土日祝 水祝

時間帯の書式

曜日に続いて、時間帯を記述します。

時間帯は以下のルールを使って表現できます。
ルール1: "24時間表記"、および"0埋め"で記述します
ルール2: 開始時間と終了時間はハイフン「 - 」で繋げます
08:00-24:00 00:00-11:00 20:00-03:00
もしくは、
20:00-27:00

課金条件と価格の書式

時間帯に続いて、課金条件と価格を記述します。

通常料金」と呼ばれる料金体系と、
例外料金」と呼ばれる料金体系で、それぞれに課金条件の書き方が存在します。

通常料金について

通常料金とは、一定間隔で課金され続ける料金体系のことを指します。

ほとんどの駐車場は、この通常料金が設定されているはずです。

ルール1:「◯◯分 ---円」と表記します
ルール2:課金条件が60分以上の場合は「◯時間 ---円」と表記することもできます
ルール3:課金条件を省略した場合、累積課金しないタイプの通常料金を表現できます(※後述)
平日と休日で違う通常料金の場合 月-金 00:00-24:00 30分 300円
土日祝 00:00-24:00 60分 100円
昼間と夜間で違う通常料金の場合 全日 08:00-20:00 15分 100円
全日 20:00-08:00 5時間 200円
昼間は平日と休日で違う通常料金だが、
夜間は全日同じ場合
月-金 08:00-22:00 30分 300円
土日祝 08:00-22:00 30分 100円
全日 22:00-08:00 60分 100円

なお、通常料金が適用される前に特別な料金がある場合は、以下のように記述できます。
無料時間がある場合 全日 00:00-24:00 20分 100円 (最初の60分間 無料)
入庫直後に一定額課金される場合 全日 00:00-24:00 20分 100円 (最初の2時間 300円)
※ 入庫からの経過時間によって複数の通常料金が存在する場合は、こちらを参照ください

ルール3で述べたように、
課金条件を省いた場合は、時間内の駐車料金が固定額である料金体系を表します。
この料金体系を「固定額通常料金」と呼んでおり、
前払い制や、チケット制でよく利用される料金体系です。
※ 料金文章に「前払い」や、「チケット制」である旨を書く事はできません。
 ユーザーにその旨伝えたい場合は「料金補足文」に記述しましょう。
一日の駐車料金が500円ポッキリの場合
(0時を過ぎるとさらに500円)
全日 00:00-24:00 500円


例外料金について

例外料金とは、割引価格のことを指し「上限価格」「打ち切り料金」などとも呼ばれます。
例外料金は、通常料金に加えて記述されるものであり、例外料金だけを記述することはできません。

ここでは、それぞれの割引制度ごとの書式をご説明します。
ヒント もし割引制度が下記書式に当てはまらない場合は、項目「料金補足文」へ記入してください。
「料金補足文」に書かれた情報は、PPPark!上に表示はされますが、料金計算には反映されません。

【時間帯内最大料金制】

ある時間帯に上限料金を設けた割引制度のことを指します。
ルール1: 「最大----円」と表記します
ルール2: 割引の適用回数を指定する場合は、行末に「(◯回のみ)」と記述します
入庫当日24時までの最大料金を指定する場合 全日 00:00-24:00 最大1000円
もしくは、下記のように記述しても同じです
全日 00:00-00:00 最大1000円
1日2つの時間帯でそれぞれ最大料金を指定する場合 月-金 08:00-22:00 最大1200円
月-金 22:00-08:00 最大500円  
上の例に、適用回数を指定する場合 月-金 08:00-22:00 最大1200円(1回のみ)
月-金 22:00-08:00 最大500円(1回のみ)  

【入庫後時間内最大料金制】

入庫からの経過時間に限定した上限料金制度のことを指します。
ルール1:「入庫後◯時間 最大---円」と表記します
ルール2: 割引の適用回数を指定する場合は、行末に「(◯回のみ)」と記述します
例1 全日 00:00-24:00 入庫後24時間 最大1300円
例2 全日 08:00-20:00 入庫後6時間 最大800円
例2に、適用回数を指定した場合 全日 08:00-20:00 入庫後6時間 最大800円(1回のみ)
※ 適用回数を指定しない場合は、6時間毎に最大800円の上限価格が適用されます
例3
全日 00:00-00:00 入庫後12時間 最大800円 入庫後24時間 最大1500円
※ 上限料金が複層的に設定されている場合は、上記のように列記します

書式に当てはまらない料金は「料金補足文」に記載する

料金が、ここまででご説明した書式では表現できない場合は
「料金文章」ではなく「料金補足文」項目に記載します。

ここに記載された情報は、PPPark!上で「料金文章」のすぐ近くにそのまま表示されます。

ただし、料金文章と違い、PPPark!の料金計算には反映されません。
あくまでユーザーへの注意喚起としてご理解ください。





ここでは、「料金補足文」に記載するよくあるケースをご紹介します。

ヒント 「料金補足文」に、決まった書式はありません。
例文では車室番号をカギ括弧で括って表記していますが、どのような表現・文章でも問題ありません。

車室別料金がある場合

もし、同じ駐車場に「車室別料金」として複数の料金体系がある場合は、
一つを「料金文章」に、残りを「料金補足文」にわけて記載します。

どの料金をどちらの項目(「料金文章」と「料金補足文」)に記載するか決まりはありません。
料金計算に反映させたい料金の方を「料金文章」に記載してください。


特別日料金がある場合

PPPark!では、日付別の料金設定はできません。

そのため「年末年始」「イベント日」などの特別日料金がある場合は、
「料金補足文」に記載することでユーザーに告知することができます。


提携店舗がある場合

提携店舗での購入者限定の割引料金がある場合も、「料金補足文」に記載しましょう。


入庫からの経過時間によって複数の通常料金が存在する場合

例えば「最初の2時間30分200円 それ以降は30分150円」のように、
入庫からの経過時間によって通常料金が変動する料金体系がございます。

残念ながら、この料金体系は現時点では未対応です。

そのため、以下のように記載頂けますようお願い致します。
  1. 基本となる通常料金を「料金文章」へ記載する
  2. 駐車時間によって通常料金が違う旨を「補足文」へ記載する